COLUMN紙マニフェストを紛失した。どうすればいいの?

  • 2014.09.27
  • 紙マニフェスト

紙マニフェストを紛失した。どうすればいいの?

紛失したマニフェストの1つ前のマニフェストをコピーして代用します。

紙マニフェストの運用は7枚綴り紙マニフェストの様式が一般的ですが、必ずしもそうでなければならないわけではありません。したがって、マニフェストを紛失してしまった場合、それぞれ前の処理工程に存在するマニフェストのコピーで代用することが出来ます。以前は保管義務があるのはB2、D、E票のみでしたが、2011年の廃棄物処理法改正によりA票にも5年間の保存義務が定められました。万が一A票を紛失してしまった場合の対応としては、収集運搬業者からB1票のコピーをもらいA票の代わりに保管をすることが望ましいです。
逆に、伝票を一枚紛失したからと言って安易にマニフェストを再交付してしまうと二重の交付となり、委託状況と異なる虚偽の交付となる恐れがあるのでご注意ください。
各伝票の対応をまとめると、以下の通りになります。

図:各マニフェスト伝票を紛失してしまった場合の対応

伝票 紛失してしまった時の対応
A票 2011年の廃棄物処理法改正により保存義務が定められている。
紛失した場合は収集運搬業者からB1票のコピーを代用し保存する。
B2票 収集運搬業者の控えであるB1票のコピーにて代用する。
収集運搬業者の会社名・運搬担当者名・運搬終了日の記載があることを確認する。
D票 処分業者の控えであるC1票のコピーにて代用する。
処分業者の会社名・運搬担当者名・処分終了日の記載があることを確認する。
E票 処分業者の控えであるC1票のコピーにて代用する。
処分業者の会社名・運搬担当者名・処分終了日・最終処分を行った場所と所在地の記載があることを確認する。