COLUMN下取りを行った場合の排出事業者は誰?

  • 2015.07.14
  • その他

下取りを行った場合の排出事業者は誰?

製品を引き取った業者が排出事業者になります。

オフィスで使用する事務機器など新しい製品を購入する際に、販売業者が古い製品を引き取ってくれることがあります。このような行為を下取りといいます。下取りされた製品の処理について廃棄物処理法では明確な定めはありませんが、通知によってその判断が示されています。

図:下取りの判断

下取りは、販売業者による販売事業活動の一環と見なされます。このため、下取りされた製品については、下取りを行った販売業者の事業活動によって生じた廃棄物とみなされ、販売業者が排出事業者として処理責任を負うことになります。
下取りが認められるためには、上図に示したように「新しい製品を販売する際」、「商慣習」である、「同種の製品」である、「無償」である、といった条件をすべて満たしている必要があります。