SERVICEISO14001マネジメントシステム 構築・改善

ABOUT SERVICE
ISO14001マネジメントシステム 構築・改善

・ますます重要性の高まるISO14001、せっかく導入しているならより良い活用を
「認証のためだけのISO14001」から「事業成長に貢献するISO14001」にステップアップ
多くの先進事例を経験したコンサルタントが、システムの改善をサポート

POINT01ISOと事業プロセスの「統合」が成功するISOマネジメントの鍵に

ISO14001は「環境“マネジメント”システム(EMS)」です。EMSは経営に重大な影響を与える可能性があります。環境に関する規制強化や、顧客の意識が高まる中で、その対策を無視して企業としての成長はありません。
一方で、認証を取得したは良いものの、どのように活用してよいかわからず、審査費用や書類作成の手間ばかりかかる「厄介者」になってしまっている企業も少なくないでしょう。

EMSが成功する鍵は、「事業プロセスとの統合」にあります。これはISO14001が2015年版に改定された際、重点ポイントとされたキーワードの一つです。環境のマネジメントと、経営(事業プロセス)のマネジメントを融合させることで、「認証のためだけのISO14001」から「事業成長に貢献するISO14001」にステップアップすることができます。

POINT02「リスク回避」と「SDGsアピール」の攻守に活きるISOの構築を

ISO14001を活用するメリットの一つは、法令遵守体制を確立し、法令違反や環境汚染の発生を防ぐ体制を社内で確立できることにあります。環境に関する法令違反や汚染の発生が明らかになった場合には、汚染した環境の原状回復コストや、罰則などの事業リスク以上に、社会的な信頼を失うリスクがあります。ISO14001を導入することで、常に最新の法令にアクセスし、さらに関係する社員に教育する仕組みを構築することが可能であり、このようなリスクから会社を守る体制を確立できます。

また、ISO14001は近年注目されているSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みの強力なツールにもなります。SDGsが企業に求める行動指針においては、「意欲的な目標を設定し、その結果を公表する」ことが挙げられています。ISO14001は、環境パフォーマンスを継続的に改善するため、目標の設定から実行、評価に至るPDCAサイクルを構築することを重要な要素にしています。ISO14001の取り組みとして環境目標を設定し、実現のための行動を行っていくことが、SDGsの取り組みとしてのアピール材料にもなります。

POINT03様々な企業でのISO運用コンサル経験を持つコンサルタントがサポート

ISOを有効に活用するには、規格への理解を大前提として、様々な業界・業種における先進的な取り組みの事例を知っていることが重要です。ユニバースのコンサルタントは、様々な企業におけるISO14001のスタートアップから運用改善までを経験しており、先進的な事例も多数経験しています。貴社の要望に合わせ、効果的なISO活用の方法をご提案させていただきます。