SERVICEISO14001内部監査員養成研修

ABOUT SERVICE
ISO14001内部監査員養成研修

・複雑なISO14001を圧倒的なわかりやすさで解説
・規格が「わかる」だけではなくて、監査が「できる」スキルが身に付く実践的トレーニング
・貴社のご要望に合わせて様々なカスタマイズが可能
・2020年9月 第一法規より「図解と実践トレーニングでわかる!ISO14001内部監査」執筆出版

POINT01「環境マネジメントシステム」は難しい?圧倒的わかりやすさで解説します

環境貢献に取り組む多くの企業で導入されている「ISO14001」。企業の環境経営の代名詞として、中小企業であっても取引先に取得を要求されたり、入札等での評価対象になることも珍しくありません。ISO14001を運用するうえで重要なポイントに、内部監査の実施があります。有効な内部監査を行うには、複雑なISO14001の規格の意図を理解し、実際の運用と照らし合わせて適合性をチェックできる内部監査員の存在が不可欠です。

ユニバースの内部監査員セミナーでは、これから内部監査員になる方やすでに内部監査員として活動してきて、さらにレベルアップしたい方に、ISO14001の理解で躓きやすいポイント中心にわかりやすく解説します。ISO14001の規格は抽象的な表現や英語からの直訳調の表現も多く、苦手意識を持っている人も少なくありません。本セミナーは講師が過去実際にISO14001を理解する上で直面した分かりにくいと感じる要素を、どのように理解していったのか、そのプロセスを元に「どう伝えればISO14001を理解しやすくなるのか」を工夫し続けた結果生まれた内容となっています。

POINT02「規格がわかる」だけでなく「監査ができる」スキルが身に付く実践的トレーニング

規格要求事項を理解するだけでは内部監査はできません。本セミナーには、実際の監査に必要な質問の仕方などのスキルの内容を多く含む、貴社に合わせた内部監査が「できる」人を育成するためのセミナーです。 内部監査の監査証拠を元に不適合と言える事例を見つけ、報告書を作成する「不適合演習」など、実践的なトレーニングを徹底的に行います

POINT03貴社のご要望に合わせて様々なカスタマイズが可能

ISO14001の運用は企業により様々な形があります。ユニバースの内部監査員養成セミナーは、貴社のご要望に合わせて細かいカスタマイズが可能。対象人数、研修時間などはもとより、「ISO14001:2015へのアップデートに伴う差分教育を中心にしてほしい」「実際の内部監査に立ち会ってほしい」などのご要望にもお応えします。